東京喰種 トーキョーグール:re

東京喰種トーキョーグール。金木研 Kaneki Kenの紹介

東京喰種トーキョーグール:金木研 Kaneki Kenの紹介

喰種‣黒山羊「ゴート」

佐々木琲世(ささきはいせ)として、クインクス班の指導者(メンター)を務めていた。後天的な『半喰種』として、“隻眼の王”の座を、有馬貴将より引き継ぐ。現在は、対人間組織「黒山羊」を率いて、東京地下24区にアジトを構え、非戦闘者のための食糧調達や、クインケを奪うことによる〔CCG〕の無力化を推進していた。霧嶋董香と結婚した矢先、(オッガイ)を体内に取り込み、「竜」と化してしまったが、トーカとQsたちにより救い出された。

東京喰種トーキョーグール:金木研 (カネキ ケン)プロフィール

プロフィール

12月20日生 いて座
上井大学 文学部 国文科一年
AB型
Size: 169cm 55kg F25.5cm
Like: 読書、綺麗な言葉、知的な女性、ハンバーグ

読書が趣味の平凡な大学生だったが、“喰種”とは知らず好意を寄せていた神代利世(リゼ)に襲われ、瀕死の重傷を負ってしまう。しかし、カネキを捕食しようとしたリゼも鉄骨落下事故に巻き込まれ即死状態に。病院に運ばれた二人だったが、医師の判断でカネキの体に“喰種”であるリゼの臓器が移植され、カネキは「半喰種」になってしまう。
心は人でありながら人間を喰べなければ生きていけない葛藤、人間と“喰種”との間にある激しい確執。様々な困難がカネキの運命を大きく狂わせていく。